高橋まどか(久喜)

早稲田大学卒業。マインドフルネスをベースとした認知・行動療法が専門。

大学在学中より、第三世代の認知・行動療法の一つである、ACT(Acceptance and Commitment Therapy:アクセプタンス・コミットメントセラピー)の研究と実践を続けています。

心療内科クリニックや、整形外科クリニックでの実践を経て現在は精神科病院にてカウンセリングを行っております。

ストレスによる心身の不調とうまく付き合う練習や、しなやかな心を育てていく練習を一緒にしていければと思います。

講演・研修会実績(一部)

・ACT Japan mini Conference 2018:“はじめて”のACT事例検討会 事例提供(2018年11月)

・第2回 “はじめて”のACT事例検討会 ワークショップ(2019年10月)

・第3回 はじめてのACT研究会 ワークショップ(2020年11月)

所属学会:日本認知・行動療法学会、ACTJapan、日本心理学会