社交不安症

社交不安症は一言で言えば人が怖いと感じる病気です。

社交不安症は一言で言えば人が怖いと感じる病気です。「対人恐怖症」とも言われていました。
人の前に出たり、話したり、食事をしたり、書いたりするのが怖い、自分の視線が人に迷惑をかけているのは?と悩みます。
社交不安症の人は人前での極端な考え方(他人は自分のことを見ているだろう、など)や行動(不安な場面を避ける)をしています。
認知行動療法ではうまくいっていない考え方や行動を変えて症状を改善していきます。

社交不安症の認知行動療法の例

社交不安症について学ぶ

なぜ、人が怖いのか?なぜ症状が悪化しているのか?どうすればよいのかを学びます。
社交不安症人はこれまで何度も人前で話す練習をしてきたけれど、効果がなかったという人は多いです。その理由は適切な対処法を知らずにやっていたからということがほとんど。
認知行動療法の学ぶことで学ぶことで病気と対処法について理解ができ、克服することへの意欲がわいてきます。

不安な時の対応を学ぶ

不安な場面で「人からどう思われているのか?」「不安でドキドキしてきた時にどうすればよいのか?」と考えます。この時に何をどうすればよいのかを学びます。
人と話す時の意識の向け方のトレーニングやリラクゼーション法などがあります。

予期不安への対応について学ぶ

人前で話すなど不安なことが予定にあると前日から不安になることがあります。「予期不安」と言います。予期不安に振り回されると当日もうまく対応ができないものです。
予期不安への対応を学ぶことでこの問題が解消されやすくなります。

不安場面に挑戦するコツを学び実践

人まで話すなど実際に不安なことに挑戦します。これにより人前での怖さが克服されやすくなります。しかし、ただただ不安場面に挑戦してもうまくいきません。つらくなるだけです。
克服するためにはコツがあります。そのコツを学び実践することで症状が改善します。